ブログ

2020年06月

2020.06.11

アダルトチャット掲示板

  アダルトチャット掲示板を頻繁に利用している女子大生の友理奈です。

彼氏はいるのですが、アダルトチャット掲示板の利用が辞められないのです。
その理由は、とても簡単です。
彼氏のセックスが、超淡泊だからです。
自分本位の関係しか作ってくれない彼氏。
見た目良いし、精神的な相性も良いのに、こと肉体関係に関しては全然駄目。
彼氏がいても、全く満足ができていなくて、でも浮気するような性格でもない私。
不満を溜め込んでしまっていました。
 アダルトチャット掲示板なら、実際の関係ではありません。
だから彼氏への罪悪感も感じないかな?
見知らぬ男性から、オナ指示出されたら興奮出来るかな?
とっても軽い気持ちでアダルトチャット掲示板に投稿してしまったのです。
これが運命の歯車を噛み合わせた瞬間だったと言えるかもしれません。
 知り合った男性は、年齢が33歳。
かなり年上の落ち着いた人でした。
メールの段階でも、下品な雰囲気も少しもなく、真面目な態度の文章に好感が持てました。
「トークで、まったりとエッチな気分も味わってみない?」
優しく言われ、無料通話アプリのIDを教えました。
文字だから、とても気楽だったのが良かったと思います。
それと文字でエッチなことを言われて、不思議な気分になっていく私。
彼氏では味わったことがない、淫靡な空間に放り出されたような気持ちになっていました。
自然に、あの部分からはエッチな汁が溢れ出しちゃって、指が止まらなくなっていました。
「エッチな声が出てるんだ」
「はい・・・出てます」
「聞きながらオナニーしたい」
「はい・・・」
素直に音声を許可してしまいました。
 男性の声を聞きながらオナ指示出されるのが、また凄い気分。
もっと卑猥な感覚を味わっていくことになりました。
声を出しながら、夢中になってクリちゃんを刺激。
指を挿れろって言われて、素直に言う通りにしちゃって、彼氏では味わったことのないアクメを覚えてしまったのでした。
 あれから掲示板で、オナ指示出してくれる男性探しに余念がなくなっています。
会わなくても済むし、それでいて強烈な快楽なのですから、ずっと使い続けてしまいそうな気がします。

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

    フィード

    ブログ内検索